キャッシングコーヒーブレイク

そもそも消費者金融業者ってなに?

 

消費者金融業者にてキャッシングを行う前に、基礎知識として「そもそも消費者金融ってなにか?」を知っておいた方がよいかもしれません。特に貸金業法に関しては、キャッシング後も知っておいた方が得する場面が多く出てきます。

 

それでは、キャッシングを考えている、けれど消費者金融についてイマイチまだ理解できていないという方のために簡単に説明します。

 

 

消費者金融業者とは?

 

簡単に言えば、個人へお金を貸してあげる業者のことを言います。そして、キャッシング利用者から、金利をつけてお金を返済してもらうことで利益を上げている業者。

 

さて、個人へお金を貸して上げている業者といえば、信販会社や銀行も同様のサービスを提供しています。しかし、これらを消費者金融業者とは言いません。ここに、ちょっとした違いがあるわけですね。

 

消費者金融は貸金業法に従っている

よく耳にする「総量規制」という言葉をご存知でしょうか?年収の3分の1までしかキャッシングができないという法律です。

 

大手消費者金融のアコムやプロミス、アイフルなどは、この貸金業法に沿った融資を行っている状態です。これが1つの判断基準といえるでしょう。

 

銀行などは、この総量規制対象外となっているため、サービスの内容からして少々違うのです。もし総量規制対象としてしまうと、住宅ローンや自動車ローンを組むことができませんからね。

 

そして、銀行などは、この状況を逆手にとって、今まで消費者金融業者の舞台だった個人の小口の融資を始めたのです。こちらもよく耳にする「おまとめローン」は、最たる例といえるでしょう。

 

 

実は敵ではない銀行と消費者金融

先に記載した内容だと、銀行と消費者金融は敵同士と感じてしまいますが、実は意外と「仲良し」です。

 

多くの銀行は消費者金融業者と提携しているのです。例えば、三菱東京UFJ銀行はアコムと提携し、アコムに審査などをお願いしている形に。このように密接な関係を築き、お互いを生かし合っているのが今のキャッシング業界の形です。